湿布は関節痛に効く?湿布にも様々な種類があります

湿布は関節痛に効果がある!?効果がない湿布があるというのをご存知でしたか? - 使いすぎはダメ!湿布の怖い副作用

使いすぎはダメ!湿布の怖い副作用

子供の頃から足や手首をひねるたびに何かと身近に使ってきた湿布。
貼るだけだし、なんとなく効果を甘く見ていませんか?
でも湿布も貼りすぎは要注意。
実は副作用もあって、使い方によっては危険なんです。
今回はその湿布による危険な副作用と正しい使い方をお伝えいていこうと思います。

光線過敏症

日光アレルギーのことです。
湿布に含まれるケトプロフェンという消炎鎮痛成分の副作用です。
ケトプロフェンパップ剤を貼ることによって起こる例が多いようです。
モーラステープにも含まれていますね。
湿布を貼っているところ、または貼っていたところに日光(紫外線)を浴びた時に、発疹・かぶれ・腫れ・かゆみといった症状が出ます。
まず、対策としては湿布を貼ったまま紫外線を浴びないようにすることです。
湿布を剥がした後でも皮膚に成分が残っていて症状が表れる場合もあるのでしっかり洗浄を。

スティーブ・ジョンソン症候群

「皮膚粘膜眼症候群」と呼ばれる病気で、皮膚や粘膜の過敏症です。
初期症状は発熱や咽頭痛などで風邪に似ています。
その後進行すると、赤い斑点や水ぶくれ、糜爛(びらん)、が皮膚のいたるところに現れ、高熱や吐き気を伴います。
原因は湿布の鎮静成分ですが、モーラステープで発症したという声があるようです。
スティーブンス・ジョンソン症候群は医薬品が原因となるケースが多いようです。
こちらは発症したら病院で手術ですが、難病指定されているので、進行状況によっては国から助成金がでるほど。

臓器障害

胃腸・肺・腎臓・肝臓などの臓器障害の副作用にもご注意を。
体内にある「プロスタグランジン」という成分が痛みや熱、腫れを引き起こします。
湿布にはそのプロスタグランジンを成分を作るのを阻害する成分が含まれているため湿布を貼ると熱や腫れがひくのです。
ただ、このプロスタグランジンは悪いことばかりではありません。
胃腸が自らの消化液で消化しないように、消化管の粘膜を保護する粘液を出す働きを持っているのです。
他にも排尿のために膀胱の筋肉を収縮させたり、胃腸を蠕動させたりと、臓器の働きに大きく関わっています。
湿布を貼ることで、このプロスタグランジンが臓器に働きかけられなくなり、胃潰瘍になったり腎機能障害が出てしまった例も。

とにかく、用量・用法をしっかり守ることが大事!

あまりの恐ろしい病気の数々に湿布を貼るのが少し怖くなってきました・・・。
そこまで怖がる必要もないとは思いますが、とにかくまずは貼りすぎや長時間ずっと貼りすぎたりしないこと。
寝ている間は湿布をはがすこと。
日光に当たるところに湿布を貼るのは極力避けること。
湿布も「薬」ということを忘れてはいけませんね!

関連する記事