湿布は関節痛に効く?湿布にも様々な種類があります

湿布は関節痛に効果がある!?効果がない湿布があるというのをご存知でしたか? - 関節痛を甘く見ないで!もしかしたらそれ、大きな病気かも?

関節痛を甘く見ないで!もしかしたらそれ、大きな病気かも?

何もしてないのに関節が急に痛む時ってありますよね。
とりあえず湿布を貼っておこう、安静にしておこう・・・の前に、もしかしたらそれ、病気かも??
外傷以外で関節痛を起こす病気をまとめてみました。

変形性関節症

関節痛の中では一番多い病気です。
骨と骨の間にある軟骨が老化などによって磨り減ってしまい、本来のクッションの役割を果たさず骨同士がぶつかって炎症を起こしてしまうもの。

関節リウマチ

女性の発症率が多く、発症年齢のピークは30〜50歳。
全身の結合組織(細胞と細胞をくっつける組織。コラーゲンなど。)が犯される病気です。
関節の滑膜という部分に炎症がおき痛みと変形を引き起こします。
詳しい原因は不明ですが、免疫の働きの異常が関与していることがわかっています。

肩関節周囲炎

一般的には四十肩・五十肩と呼ばれるあれです。
加齢によって、肩関節のバランスが崩れることで起こる、肩関節と肩周辺組織の炎症です。
痛みで腕を上げたり回したりする動作がしにくくなります。

化膿性関節炎

傷口から関節にブドウ球菌や肺炎球菌などの細菌が侵入してしまい化膿して炎症を引き起こします。
進行すると関節が破壊され関節の障害が残ることもあるので、早期治療を。

痛風

アルコールや肉類・魚類に多く含まれるプリン体の過剰摂取や水不足で引き起こる病気です。
血中の尿酸値があがり、血液中の溶け切れなくなった尿酸が結晶となって関節に溜まり、炎症を起こします。
特に足の親指の付け根が赤くはれ上がることが多く、強い関節痛が起こります。
その昔、贅沢病って言われていましたね・・・。

骨肉腫

骨の悪性腫瘍です。手足の骨の関節に近い部分から発症することが多いため、関節の痛みや腫れが起こります。

関節痛にも色々原因があります

ただの関節の不調と思って放って置いたら、実は病院で治療しなきゃいけない病気だった・・・なんてことももしかしたらあるかもしれません。
治療が遅れて、日常生活に支障をきたすようになってしまったら大変。
関節痛が起こったら、甘く見ないでまずは病院で受診してくださいね!

関連する記事